ORZ(古)

「最近の若者は言葉を知らない」とかいいながら、【口さがない】を【口がさのない】と誤記していた。このほかにも、【渋皮(しぶかわ)のむけた】→【渋皮(じゅうひ)のむけた】、【私(わたくし)事】→【私(し)事】などとつい言ってしまう傾向があり、P…

»non-title«

ビッグマックセットキャンペーンは終了してしまったのだろうか……

»non-title«

管理者P氏がコロナに罹ったのは十二月下旬のことだったらしい。もうひとりは晦日あたりに発症し現在はめでだくらしいが出社許可がおりていない。 そのひとが誰なのかは俺は知らない。 隣席の口がささがのない女は知っているようではある。

①~④

①コロナからの帰還した某チームの管理者P氏、吾らがチームに顔をだす。 ②吾らがチームの管理者(女傑)が 「あらあらまあまあ、大変お久しぶりなことですワねえ!」 と当てこすると、 P氏、「うん久しぶりだね、そんでこの案件なんだけどさ・・・」 と、しれ…

»non-title«

マクドナルドのビッグマックセットをすでに4回は食べている。 とんだ散財だ……。

»non-title«

先日当チームの直接被雇用者たちが 「仕事なんて選ばなければいくらでもあるよ~、ぜったい履歴書に穴なんてあかないよ~」「そーだよそーだよ!」などと突然唱和しはじめた。いったい誰にむけたものかはわからぬが、日々疲弊させられていることへの呪詛とし…

»non-title«

トリトンもガッチャマンもバビル2世もガンバの冒険も全て観ていた。 親が観ている大人のドラマや映画も観ていた。 いまとちがって《濡れ場》《ラブシーン》も見せ所のひとつになっていた時代だったので、そうしたシーンになると慌ててチャンネルを換えていた…

»non-title«

申し訳ありません。じつは黒色というのは正しくはありません(が、黒に近い色です)。

»non-title«

現在勤務している会社は一応ホワイト企業として認知されているらしいのだがそれは直接被雇用者に対するホワイト加減についてであって、派遣社員に対しては無慈悲に、容赦なく切り捨てることで定評がある(グロイ話だが当社では派遣社員用のIDカードのストラ…

»non-title«

職場でやってはならぬことをやってそのことに気づかぬまま帰宅してしまった。「オレも本当に年とったな……」と絶望する寸前、「いや、子供の頃からうっかりミスだらけの人生であることよ」と気づき一瞬楽になるような気がしたが、「そして、このまま死んでい…

»non-title«

「名前は公表しません」 「犯人探しなどせぬように!」 などと言われたところで、»人の口に戸はたてられぬ« ことですよね……。

»non-title«

職場で2人目のコロナ事案発生。どちらも飲み屋で罹った模様。うち1名は管理者。彼、復帰する際は相当肩身が狭い思いをするだろうな……。

»non-title«

クライアントサイドの若衆、「なるほどですね」を使用しなくなったのは、下請けのおれ様が彼女ら/彼らに向かって 「なるほど」を連発していたからではないかとも思われる。LINE というやつで 「あいつには 『なるほどですね』 を使ってやる必要なし」みたい…

»non-title«

クライアントサイドの若衆から 「なるほどですね!」 を連発される毎日……。天才バカボンのパパの声色で 「なるほどの反対なのだ!」 と返したくなることもあるが、もう、どうでもよろし。そもそも天才バカボンを知らない世代かと思われる……。

»non-title«

ホワイト企業であり続けることで、あるいはそうあらんとすることで、社員がパニック症に陥り救急車を呼ぶ案件がたまに生起するって、いくら 「たまに」 であっても その時点で「黒」じゃなかろうかと帰りの電車のなかでつらつら思うのであった。

»non-title«

現在の勤務先、とりあえずホワイト企業であるらしきことは結構なことなのだが、早出・残業厳禁体制(必要な際は部長または副部長に直接報告必須)があだとなって、ホワイトがブラックに反転しつつあるのではないかと思われることもある。先日は隣接チームの…

»non-title«

どっかのポップグループが演奏している当曲がブックオフのBGMに流れていたんだけど、いまたまたま見つけたこれ、19億回再生というのがすごいね。www.youtube.com

»non-title«

西新宿から町田市の鶴川へ転居する間、たまたま小田急沿線の成城に半年ほど住んだ。成城は高級住宅街であり、有名人や芸能人の家も多い。バス停で作家の大江健三郎を見かけたことがあり、宇津井健の家の前は駅への通り道であり、駅前のパン屋で先ごろ死んだ…

»non-title«

どのブックオフ(東京、神奈川、埼玉)でも最安値(現行では110円)コーナーの岩波文庫はだいたい決まった顔ぶれだよね。『君たちはどう生きるか』もその一冊だったけど漫画化されてからはほとんど見なくなった。カズオ・イシグロもノーベル文学賞を受賞してか…

»non-title«

そういうおれは今日ブックオフにて、『イスラエルに見る聖書の世界 旧約聖書編』、『イスラエルに見る聖書の世界 新約聖書編』(ともにミルトス刊)を買うことができました。写真集です。やはり ミルトス(銀梅花)のフォトがありました……。

»non-title«

そのNさんから昼に10日予定の りんてん舎さん営業再開を喜ぶメールが届いた。Nさんはお上からの全都民蟄居令にできるだけ従わずブックオフ巡りなんぞに出かけたりもしていたらしいのだが、方々で営業自粛中or営業時間短縮中の憂き目に遭ってずいぶんフラスト…

@y_kurihara さん דורך

>RTこれは「ブラックミュージック」「黒人音楽」という呼称まで含めた大きな流れのひとつとして、ターニングポイントになりそうなニュースだ。何度も書いてるけど、アーバンが「黒人の」という意味を強く持つことは、自分も渡米するまで知らずも辞書的なアー…

»non-title«

クリーミーカフェゼリーを買いに外へ出たら、向かいのアパートから赤ちゃんの夜泣きが聴こえてきた。育てるひとは大変に違いないが、あかの他人の俺は、赤ちゃんからパワーのようなものを授けられた気がした。

»non-title«

ぶっちゃけ地デジ化って成功なのか?

»non-title«

おれがTVを観なくなってからショービズ界にデビューを果たし早くも引退していくひとびともいるのだよな……。

»non-title«

電車のなかでは当該鉄道会社の自社CMが頻繁に流れており、そのなかによく登場する若いモデルさんを「屹度関係者のコネクションで採用された一般人なんだろうな」と勝手に推断していたところ、たまたま目にしたWEBニュースによって彼女が既に著名な女優さんで…

»non-title«

昔、近所の本屋さんで安部公房全集を既刊分三冊まとめて買って行ったひとを見て、衝動買いだったらすごいなあと思ったものである……。

»non-title«

東京は西郊、「あれこんなところに」という場所にネパールorインド料理屋さんを見つけることがしばしばある。

»non-title«

駄洒落は控えよっと……。野生なのか。どこから来たんだ>「野生のため動物園などでの飼育は困難」「シカ助けて」「引き取りたい」 足立区に電話殺到:朝日新聞デジタル https://t.co/lefOYClp8o— 栗原裕一郎 (@y_kurihara) 2020年6月6日

»non-title«

夜、自室からも遠くで天辺翔け鷹が啼いているのが聴こえた。