»non-title«

ネットで覚えた「アホ毛」なるスラングを職場の隣席の女性との雑談中に使ってみたら、たいそう彼女のお気に召すところとあいなったのだった……。

@clnmn さん דורך

まじめに有用な人材だと思う。 証券誤発注やらかしたひととか、些か意味合いは違うがエンロン事件で懲役くらった元CEOのジェフリー・スキリング氏とか、ふざけ言うのではなく、「斯様なるひとびとがいてくれてありがたい」と、救われる思いがする。そして、…

@clnmn さん דורך

用務員ではないけど学校にいる教師以外の悪い大人の代表格は『漂流教室』の関谷なんだよね、オレの頭の中ではいまだに……。素行不良の男子生徒が渡り廊下で当該の用務員に物凄い勢いで膝蹴りを食らって崩れ落ちてる光景を見てしまったとき、教室でのいじめや…

»non-title«

どっかのポップグループが演奏している当曲がブックオフのBGMに流れていたんだけど、いまたまたま見つけたこれ、19億回再生というのがすごいね。www.youtube.com

»non-title«

西新宿から町田市の鶴川へ転居する間、たまたま小田急沿線の成城に半年ほど住んだ。成城は高級住宅街であり、有名人や芸能人の家も多い。バス停で作家の大江健三郎を見かけたことがあり、宇津井健の家の前は駅への通り道であり、駅前のパン屋で先ごろ死んだ…

»non-title«

革命などを志向すると、おそらくどころか決定的に、人生を棒に振ることになるだろう。しかし、考えてみればグローバリズムとは、富裕層の経済的な専制という経営世界とすれば、富裕層以外の人間は、あらかじめ人生を棒に振らされているのではないか。とすれ…

»non-title«

「貧乏人が合成肉を食べ、金持ちは本物の肉を食べる」のはデストピアではなく、半ユートピアで、「貧乏人が合成肉を食べ、金持ちも合成肉を食べる」のがユートピアだと思われる。

@HASSANKONAKATA 博士 דורך

我々は「貧乏人が合成肉を食べ、金持ちは本物の肉を食べるディストピア」を想像して来たけど、実際は「金持ちは合成肉を食べて倫理的正しさを手に入れるディストピア」が来るのかも知れない https://t.co/8htIbnyruv— アオイ模型店 (@aoi_mokei) 2020年6月25…

»non-title«

N さんからSMSではなく久しぶりに電話が入る。岩波文庫の『魔の山』を読了し、おなじく岩波文庫の『虚栄の市』を読了間近とのことで、『虚栄の市』は面白いとのこと……。一瞬「おや?」と思ったが、「とのこと」は回文にはならない……。

»non-title«

ぱっと見無理目っぽくない O'Reilly が捨て値だったらとりあえず買っちゃうのだけども……Baseball Hacks: Tips & Tools for Analyzing and Winning with Statistics (English Edition)作者:Adler, Joseph発売日: 2013/11/25メディア: Kindle版

»non-title«

ブックオフで格安値だったので買ってしまった……もちろん積ん毒……。Economics, Global Edition作者:Acemoglu, Daron,Laibson, David,List, John発売日: 2015/05/05メディア: ペーパーバック

»non-title«

今日は、朝から夕方まで、寝続けていた。最低でも12時間は寝ただろうか。まさに猫のように眠り続けていたが、ひょっとすると一番好きなことは寝ることかもしれないと思う。読書も、数頁ほど読むと眠くなるしまつだ。— 千坂恭二 (@Chisaka_Kyoji) 2016年6月12…

»non-title«

きょうはひさしぶりに『ヒストリエ』の第一巻を再読したんだった。当巻の 「ば~~~~~~~っかじゃねぇの!?」のひとコマはネット上でしばしば引用というか利用されている。

»non-title«

どのブックオフ(東京、神奈川、埼玉)でも最安値(現行では110円)コーナーの岩波文庫はだいたい決まった顔ぶれだよね。『君たちはどう生きるか』もその一冊だったけど漫画化されてからはほとんど見なくなった。カズオ・イシグロもノーベル文学賞を受賞してか…

»non-title«

そういうおれは今日ブックオフにて、『イスラエルに見る聖書の世界 旧約聖書編』、『イスラエルに見る聖書の世界 新約聖書編』(ともにミルトス刊)を買うことができました。写真集です。やはり ミルトス(銀梅花)のフォトがありました……。

»non-title«

そのNさんから昼に10日予定の りんてん舎さん営業再開を喜ぶメールが届いた。Nさんはお上からの全都民蟄居令にできるだけ従わずブックオフ巡りなんぞに出かけたりもしていたらしいのだが、方々で営業自粛中or営業時間短縮中の憂き目に遭ってずいぶんフラスト…

»non-title«

サバービアというとすぐさま ジョン・チーヴァー を連想するんだけど、昨年、(Nさんからもらったものの)ずっと積ん読だった一冊をようやく読もうとしたら紛失していたんだった。まちがって古本屋に売ってしまった模様……。映画化された 『泳ぐひと』 もNさ…

訂正

(誤) 『ふぞろいの林檎Ⅱ』 → (正) 『ふぞろいの林檎たちⅡ』

@y_kurihara さん דורך

>RTこれは「ブラックミュージック」「黒人音楽」という呼称まで含めた大きな流れのひとつとして、ターニングポイントになりそうなニュースだ。何度も書いてるけど、アーバンが「黒人の」という意味を強く持つことは、自分も渡米するまで知らずも辞書的なアー…

»non-title«

クリーミーカフェゼリーを買いに外へ出たら、向かいのアパートから赤ちゃんの夜泣きが聴こえてきた。育てるひとは大変に違いないが、あかの他人の俺は、赤ちゃんからパワーのようなものを授けられた気がした。

»non-title«

www.diamondblog.jp

@clnmn さん דורך

鋼鉄の嵐の残滓……ノルマンディー海岸の砂の4%は砲弾・銃弾などの破片なんですって。砂粒とこすれて砕けて磨かれて、円くなっちゃってるんですって。 https://t.co/6UfXrHAZgh— 岡部いさく (@Mossie633) 2020年6月6日

»non-title«

じつは、断易の専門家でもいらっしゃる JOJO広重さんに今後の身の振り方を占ってもらおうかと迷ったことがあるのだけど、せっかくのアドバイスに耳を傾けず、非常になれなれしくほぶらきんとかギズムの話などをふっかける自分の姿を想像し、「うわーっやめろ…

»non-title«

TVドラマ『ふぞろいの林檎たちⅡ』の第一話冒頭で元祖自己啓発系人材育成会社の訓練プログラムに送り込まれて厳しく鍛え上げられている主人公らの姿をみて以来ちょっとネガティブな印象を抱いてきたんだけど、オリエンテーリングって結構意義ある活動なのでは…

»non-title«

ぶっちゃけ地デジ化って成功なのか?

»non-title«

登山に限らず、あらゆる領域での「失敗」を検証する厖大な新書/文庫シリーズ(全ニ千冊別巻百冊)をどこかが企画・出版してくれないかしら……。そういえば、みずほ銀行のシステム移行のごたごたをレポートした近刊本を読みたいと思っていたんだった……。

»non-title«

Kindle でヤマケイの山岳遭難ドキュメントを一冊読了した。これ、とてもよいシリーズだと思う。

»non-title«

おれがTVを観なくなってからショービズ界にデビューを果たし早くも引退していくひとびともいるのだよな……。

»non-title«

電車のなかでは当該鉄道会社の自社CMが頻繁に流れており、そのなかによく登場する若いモデルさんを「屹度関係者のコネクションで採用された一般人なんだろうな」と勝手に推断していたところ、たまたま目にしたWEBニュースによって彼女が既に著名な女優さんで…

»non-title«

昔、近所の本屋さんで安部公房全集を既刊分三冊まとめて買って行ったひとを見て、衝動買いだったらすごいなあと思ったものである……。