»non-title«

youtubeで大学の先生の講義なんかを視聴すると科学系(数学含む)と文学系では、黒板(orホワイトボード)とチョーク(orマーカー)がなんか違って見えるよね。

»non-title«

もうとっくのことだが、著名人の誰が存命で誰が逝去されたのかググらないと分からなくなっている……。

»non-title«

【獰猛】を 「ねいもう」 と読むこともあります。 子供には「どうもう」と読ませ、大人には「ねいもう」と読ませるとよいのではないでしょうか。 子供に対しては 「『ねいもう』と読むのは大人になってからにしてネ」と教育しておけばよいのです……。

»non-title«

ときおり間違えてしまう言葉としていますぐ思いだすことができるのは以下です。 【おたんちん】→「おんたんちん」 【ノイバウテン】→「ノイバウンテン」 【様々】→「ようよう」 【小路(こうじ)】→「こうろ」 【大路(おおじ)】→「おおろ」 【大所高所(た…

さきほどのこと

昨日クライアントさんに対して 「そのケースでは不問に付しています」 と答えた俺だったが、【不問に付す】が造語のように思えてきて、というか、「そうだあれは俺の造語に違い無いぞ!」と、半ば確信めいた気持に心が支配されはじめたので、あわてて電子辞…

»non-title«

誤記を修正する際PCには検索機能があるので本当に便利なことだと感謝していたがその有難味も希薄となってしまっている。

»non-title«

あんまり言い訳したくないんですが、【口蓋(かさ)がない】というイメージができあがっちゃってるんですよ。。。 「悪い口をふさぐものがない」みたいになっちゃてるんです。

ORZ(古)

「最近の若者は言葉を知らない」とかいいながら、【口さがない】を【口がさのない】と誤記していた。このほかにも、【渋皮(しぶかわ)のむけた】→【渋皮(じゅうひ)のむけた】、【私(わたくし)事】→【私(し)事】などとつい言ってしまう傾向があり、P…

»non-title«

ビッグマックセットキャンペーンは終了してしまったのだろうか……

»non-title«

管理者P氏がコロナに罹ったのは十二月下旬のことだったらしい。もうひとりは晦日あたりに発症し現在はめでだくらしいが出社許可がおりていない。 そのひとが誰なのかは俺は知らない。 隣席の口がささがのない女は知っているようではある。

①~④

①コロナからの帰還した某チームの管理者P氏、吾らがチームに顔をだす。 ②吾らがチームの管理者(女傑)が 「あらあらまあまあ、大変お久しぶりなことですワねえ!」 と当てこすると、 P氏、「うん久しぶりだね、そんでこの案件なんだけどさ・・・」 と、しれ…

»non-title«

あいかわらずの不首尾……。

»non-title«

なにか気のきいたことを書き記そうとしたけど何も思いつかない……。

»non-title«

そういえば隣席の口がささがのない女に乃公が東京湾岸のコンビナート内で工員をやった経験のあることを話したら、なにかヤバイ話を聞かされたように急におし黙り話を別のほうにもっていこうとするので驚いた。同様なことは以前にも一度あったのだったがその…

»non-title«

マクドナルドのビッグマックセットをすでに4回は食べている。 とんだ散財だ……。

»non-title«

もちろん言葉について俺もまったく威張れたもんじゃない……

»non-title«

当職場の、おれより10歳以上若いひとたちが本当に言葉を知らないこと(漢字についても)を痛感させられる毎日だ。 でも、いちいちフォローするまでもなく、そのひとたちがおれの知らないことを山ほど知っているのも確かだ。

»non-title«

先日当チームの直接被雇用者たちが 「仕事なんて選ばなければいくらでもあるよ~、ぜったい履歴書に穴なんてあかないよ~」「そーだよそーだよ!」などと突然唱和しはじめた。いったい誰にむけたものかはわからぬが、日々疲弊させられていることへの呪詛とし…

»non-title«

トリトンもガッチャマンもバビル2世もガンバの冒険も全て観ていた。 親が観ている大人のドラマや映画も観ていた。 いまとちがって《濡れ場》《ラブシーン》も見せ所のひとつになっていた時代だったので、そうしたシーンになると慌ててチャンネルを換えていた…

»non-title«

小学校のころはどこか子供らしくなくときおりヘンな行動をとる乃公であったが、林間学校のバス中で、当時母親が観ていたドラマの主題歌(by 小椋桂)を得意げに披露したことがあり、バスガイドさんがどうコメントしてよいものか困っている表情が数年に一度吾…

@clnmn さんדורך

ソラリスを連想した……お餅焼いたら変な可愛い生き物うまれた pic.twitter.com/9j8U0DJmst— もち麦梅子🍙🍮@Vtuber (@MochiMochiUmeko) 2021年1月14日

»non-title«

申し訳ありません。じつは黒色というのは正しくはありません(が、黒に近い色です)。

»non-title«

Too Black, Too Strong

»non-title«

現在勤務している会社は一応ホワイト企業として認知されているらしいのだがそれは直接被雇用者に対するホワイト加減についてであって、派遣社員に対しては無慈悲に、容赦なく切り捨てることで定評がある(グロイ話だが当社では派遣社員用のIDカードのストラ…

»non-title«

正規被雇用者は「おれのせいじゃねえよ笑」だけで済ます事がでけてよいことよなあ……おれ様が濃厚接触者だったら、「(ちょうどいいワ!)またご縁があれば、お大事に・・・」で終了である。

»non-title«

濃厚接触者だった(かと推測される)面々が職場にもどってきた。年末年始の長い蟄居生活をどうすごしていたのだろうか……。

»non-title«

Wuthering Heights を聴いて、またしてもアウトロに泣きそうになった。“My only master” とは、このギターソロがケイト・ブッシュに忠誠を尽くすことを表明する永遠の詞であるかのように思えてきた。

»non-title«

まあ、キャバクラでコロナに感染して職場の複数の人間に伝染しまくるようなたぐいの迷惑をかけるわけではないので、そういうタイプの困ったひとでなくてよかったと思うことにする。とはいえまだ繁忙期のサ中、午前中の一時間ほど業務の一部が停滞するかもし…

»non-title«

職場でやってはならぬことをやってそのことに気づかぬまま帰宅してしまった。「オレも本当に年とったな……」と絶望する寸前、「いや、子供の頃からうっかりミスだらけの人生であることよ」と気づき一瞬楽になるような気がしたが、「そして、このまま死んでい…

»non-title«

「名前は公表しません」 「犯人探しなどせぬように!」 などと言われたところで、»人の口に戸はたてられぬ« ことですよね……。