なんか読み返したら途轍もなく読みづらたっかたので、ちょっと書き直しました。まだ読みづらいかもしれません。なんかダメダメ状態です。
あと、決して、「少年であったおれは感性が豊かだったので時代について行けた」などとつまらぬ優越を示したかった訳じゃなく、新しいものはそれほどスンナリ受け入れられるわけじゃないことの一例を想起しただけのことで、俺だって当時のプラスチックスがあの水準のまま10年後にも人気を博しているなどとは決して考えなかった。