NHKでレギュラー番組を持ったり、民放でお笑い芸人と共演したり、紙メディア上で有象無象とトークしたりする姿を拝見して、茂木さんご自身が一般向けの数理・科学教育コンテンツを創出・ディレクションする大志を抱いているに違いないと、わたしは勝手に想像していた。
具体的には、そのうちSONYの研究所が Edge のようなWEBサイトを立ち上げ、いまでいうところの TED の科学教育版のようなものを実現するつもりなのだろうなと、2005年あたりから推察していたんだけど……大人の事情でもあるのかしら、それともまだ時期尚早なのかしら、それともわたしの大きな勘違いだったのかしら。
べちとまさんという稀有な方も存在するのだけど、あのひとの個性ではいささか過剰だし。
最近では、ロックやポピュラーミュージックを題材に物理、数学、工学の世界へと凡夫たちを回向するシリーズ的なものが、いつの日にか、きくち先生を中心としてつくられていることを妄想したりすることもあります。
いまさら何でそんなことを思念するのか自分でもよくわかりませんが、そのほうが世の中がちょっとは楽しくなるにちがいないと無根拠に信じているからでしょう。