2011-12-11から1日間の記事一覧

古くからある共同体の絆を憧憬するひとが散見されるけど、話半分で聞いて置いた方が吉だろうことが伯母たちの苦労話からうかがえる。

母から伯母たちの苦労話を聞かされる。 長姉は、親の借金を返すため紡績工場に奉公に出されたのだが、山梨から中部地方のとある町まで徒歩で赴いたらしい。途中、農家の馬小屋で一泊したんだそうだ。 その下の姉は中学校を中退させられ、紡績工場やら旅館や…

司馬遼太郎描く維新の立役者・明治初期の大立者を賞賛することにケチをつける気持ちは毛頭ないのだけど、今次の如き長期的閉塞状況に於いては、明治維新後に旧賊軍として辛酸を舐めながら新しい日本を支えた人々に照明を与えてみては如何かと思う。 おれが放…